パンダ柄のハンコをどう使う?

はんこには名前を入れるのみのシンプルなものもありますが、好きな模様を入れることもあります。多くの世代に人気のデザインとしてパンダ柄がありますが、ここではそれをどう活用していくのか見ていきましょう。良い点などを知っておくことで、自分でパンダ柄などの面白い柄ハンコを購入して活用していくヒントになるかもしれません。

→お洒落で可愛いグラデーションのハンコは女性に人気!活用シーンも沢山あります!

自分の物のマークとして活用

パンダ柄はとてもかわいらしいものです。目にした時に思わず楽しい気分になってしまうこともあるでしょう。また、多くの人に嫌な思いをさせない無難な柄でもあります。好感を持たれやすいですし、多くの人が共通して好きなものでもありますので、それを自分の持ち物のマークにしてみることをおすすめします。

名前を入れると堅いイメージになったり、場合によってはプライバシー上の問題が出てくることがあります。その点、何か柄が付いているだけなら知らない人に名前を知られることがありませんし、知っている人との間なら自分のものがわかりやすくなるメリットがあります。

オフィスや学校などでぜひこうした形でのマークを活用してみましょう。本やノートなどについては、本来の使い方通りに簡単に押すことができるので使いやすいでしょう。自分一人で使うなら、持っているものに合わせてインクの色を変えてみるとお洒落に見えます。

兄弟や友人とマークを共有するなら、人によって色を変えてみるのも素敵です。布製品にも使いたい場合には布用のインクを使うなど、工夫するとより使いやすくなります。

お子さんのご褒美に

大人でもパンダは好きな方が多いですが、特に子供たちはパンダが大好きです。それをうまくしつけや教育に利用してみましょう。ご褒美にパンダのハンコを押してあげると喜んで、意欲的な行動につながります。スタンプ帳などを用意してもいいですし、壁に紙を貼って目標を達成したらパンダのハンコを押す形で子供たちのやる気をアップさせてみましょう。

グラフにして何人かが競っていくこともできます。何か物をあげるよりもはんこを押す形であれば、物質的ではない部分でやる気を生むことができます。節目で色を変えて特別感を出しても楽しいでしょう。お手伝いやお勉強、運動など継続してやってもらいたいことに対してハンコを押すご褒美を作ってみましょう。

ハンコを押してもらうと実際に自分がやったことを目で見て認識することができます。それが達成感を生み、次も頑張ろうと気持ちを盛り上げてくれます。ぜひ効果的なツールとして、みんなにとって好ましいパンダ柄を活用してみましょう。

→いろいろな柄のはんこを活用してみよう

小物のアクセントに

小物を手作りするのが好きな方もいるでしょう。シンプルな布地で小物を作ると、ちょっと寂しくなりがちです。個性を出すためにちょっとワンポイントがほしいと感じた時には、パンダ柄のハンコを押してみましょう。布製品用のスタンプインクを使うと、洗濯にも耐えてくれます。

ハンコ自体は大きなものでなくても、シンプルでかわいいパンダ柄が良いアクセントとなってくれます。生地の色と合う色を選んでインクに使うのがコツです。大きな柄ではなくても、つなげて押すなどするとラインや大きな模様を作ることができて、ワンポイントにとどまらない存在感のあるアクセントを作ることもできます。

布以外でも、紙製品なら普段紙に押印するのと同じように簡単に使えます。他の素材であっても適したインクを使えばハンコが押せるものもありますので、いろいろなものに活用してみましょう。インクをいくつか使う場合にはきちんとふき取ってから次の色を使うなど、色が混ざったり残ったりしないような配慮が必要になります。

この点に気を付けて、いろいろなものに活用してみましょう。

メモにちょこっと

仕事の時や家庭の中で他の人に軽い連絡事項をまとめたメモを残すことがあるでしょう。本人がそこにいないときに読んでもらうことになりますので、簡潔な書き方になると冷たく感じられてしまうこともあります。それを防ぐために、ちょっとしたメモにパンダの柄をハンコで押してみましょう。

かわいらしいパンダの柄が見た人を温かい気持ちにさせてくれて、ちょっとした気遣いを伝えることもできます。お子さんが見た場合にはちょっと楽しい気分になってくれるでしょう。もともと柄入りのメモもありますが、手元にない場合に自分で作成できるのは意外と便利です。

必要な分だけ作ることができて無駄になりません。

手紙に添えてみる

メモ用紙だけではなく、手紙に添えてみるのも良いでしょう。いろいろな人に手紙を出す場合、シンプルな便せんを購入することが多いですが、親しい人にはそれではちょっと物足りないこともあります。そんな時に、シンプルな便せんにパンダ柄を入れてみましょう。

薄い色のインクを使って全体に模様のようにちりばめてもよいですし、余白の部分にポイント的に押していくのもおすすめです。工夫次第でお洒落な便せんに早変わりします。いろいろ工夫して手紙を出すのも楽しくなりそうです。

自分の行動記録に

自分自身が毎日取り組んでいる勉強や運動についても、何か目に見える形で残しておきたいものです。そこで、パンダのハンコを使ってみましょう。運動や勉強をできた日には、手帳にはんこを押すなどして使います。他の人が見てもわかりませんから、うっかり見られてしまっても恥ずかしくありません。

こっそりモチベーションアップをしてみましょう。

幸せの印に使ってみる

実現したいことをノートなどに書き出している方もいます。目標を明確にし、実現に向かう上で必要なことですが、実現した場合にそれを線で消すのがつまらないと思う方もいるはずです。そのようなときには実現した印としてパンダのハンコを押してみましょう。

幸せ感のあるパンダの顔だからこそ、実現の喜びも実感しやすくなり、後から見直してみても楽しいリストとなっていくでしょう。ぜひしあわせのパンダがいっぱい集まるように、前向きに夢に向かっていきましょう。

日常生活でどんどん生かそう

パンダ柄など遊び心のあるハンコについては、大切なときに使うのではなく日常の中でどんどん使っていくのがおすすめです。ちょっとしたメモにも使えますし、名前つけの代わりに使うこともできます。普段からよく利用するノートや手帳にも使いやすいのがハンコのメリットですから、ぜひ仕事や勉強にどんどん生かしていきましょう。

Top